ブログのちから

副業やマネタイズ方法、アクセス解析やSEO、Wordpress、SNSの活用、ビジネス書の書評、育児、ダイエットなどを中心にお届けしてます。

夫婦円満のコツ、我が家における5つの秘訣。

      2014/10/13

夫婦円満

僕たち夫婦は結婚してから、かれこれ9年目。

未だに周りの方々からは「仲が良いよね~」とか「ラブラブだよね~」なんて良く言われます。

僕にしてみれば「いやいや、普通ですからw(ってかお宅、どんだけ冷えきっとんじゃぃ ( ;゜ Д ゜)」ってなモンですが。

 

今日は、そんな我が家における夫婦円満の5つのコツについてお伝えしたいと思います。

 

SPONSERD LINK

慣れ染めから今に至るまで

ウチの奥さんは、このブログにも事あるごとに僕を辱めてくれるナイスキャラとして登場してくれてますが、脚色抜きでリアルにこんな感じですw

参考1:注意!「ok google」 が日本語対応したので、リアルな場面で使ったら、こうなった・・・(><;)

参考2:人を見た目で判断すると事故りまっせw

 

僕たち夫婦は、そもそもの慣れ染めが「飲み友」からの発展系。なので一般的な括りでいけば「友達夫婦」に近いのかな?

でも僕の感覚としては、結婚してから色々あった事もあり、ツライ時にはいつも側にはコイツが居てくれる、そんな「人生の荒波を共に乗り越える同志夫婦」って感覚です。

「普通の男で終わったら、許さんで!」とか、「いけにゃ~私が食わしたる!」などと豪語する男前さんなので、安心して背中を任せられるしw

という訳で、既に奥さんのキャラ自体が円満の秘訣な気もしますが、一応、本題に入ります。

 

秘訣1.互いに一生共に添い遂げる覚悟を持つ

これが基本中の基本ですかね。

夫婦も長年連れ添っていると、あれこれ思ったり、感情的になったりする事もありますよね。

そんな時に「一生添い遂げる前提、それなら・・・」という思考からスタートすれば、感情を一方的にぶつける事も無いし、場合によってはチョットしたことなら吐き出さなくても良い事だって多い。

実際、先週、パートナーに対してイラっとした事、覚えてますか?

恐らく、よほどの事でなければ忘れてるハズ。

ま、そんなモンなんですよ感情なんて。
だから一時の感情を解消するのと、一生円満に過ごすのとどっちが大事?ってのを常に天秤にかける思考が大事だと思います。

 

 「一生、一緒にいてくれや」~Lifetime Respect 三木道三~

 

秘訣2.不満、疑念があれば必ず対話する

前の項の逆になりますが、「一生共に添い遂げるからこそ、そこは・・・」という場合もありますよね。

そんな時、我が家では喧嘩はしません。というか喧嘩になりません。
(僕、無抵抗主義なんでw)

ガンジー

無抵抗といえば

 

という冗談は置いといてw

 

実は、付き合い始めた頃は「感情的に怒りをぶつけられて、あわや大喧嘩!」なんて場面も多々ありました。

そんな時に僕が取った行動は「解った。問題を整理しよう。」そういって紙と鉛筆を用意して、不満に思った点、改善案を話し合い。
正直言ってズルい方法ですけどねw

それを何回か繰り返した結果、感情的な喧嘩から対話へと変化していきました。

今では何かあると「話したい事があるからチョット座って~」から始まって、「問題点はここ、改善案を示せ」といった具合です。

ちなみに「最近、感情的にならないよね~」と奥さんに聞いたところ、「感情的になったら言いくるめらて負けるから」だそうですw

 

「大抵は、奥さんが判事&裁判官。なのでいつも有罪。でも、それぐらいで丁度良いw」

 

秘訣3.必ず一緒に過ごす時間を持つ

これも前の項の引き続きですが、事あるごとに対話するのは、やはりシンドイ。

なので、対話の回数を減らすためにも、夫婦の時間を持つようにしています。といっても何気ない雑多な話から、自分達の死に際のようなディープな話まで色々ですが。

 

そもそも、結婚前に「コーヒー1杯だけでも良いから、毎日一緒に過ごす時間を作ろうね」なんて話をしていたのが切っ掛けでした。それ以来、毎日1時間でも2時間でも、時間の許す限り色んな話をしています(ほぼ聞く側ですがw)

え?話を聞き続けるのはツラくないかって?

ウチの奥さん笑い上戸なんで、ボケたりツッコんだり、いかに笑わせるかをテーマに話を聞いてますので、案外楽しいですよ。

 

僕:「で、何の話だったっけ?w」
奥: (#゚Д゚)ゴルァ!!

 

秘訣4.きちんと言葉で伝える

対話や何気ない雑談をする時間も大事ですが、相手を思いやっていること、尊重していることも、きちんと言葉の端々で伝える必要があります。

といっても大事なのは、「好き」とか「尊重してます」というワードではなく、「あぁこの人、私のこと好きなんだなぁ、思いやってくれてるなぁ」ってジンワリ伝わって行くこと。

例えば、何かしてもらった時に、自然と出てくる「あ、ありがとう。」とか、やらかした時に咄嗟に出てくる「ごめんね。」とか。

他にも、

  • あれってその後どうなったの?
  • 大丈夫?
  • それ良いね。
  • 良かったね。
  • 僕も(自分の事の様に)嬉しいよ。

とかね。

 

 「遠赤外線並みのジンワリw」

 

秘訣5.ゼロベース思考

これは多分、奥さんは特に意識してそうにないので、僕だけかもしれませんが。

一緒に居るのが当たり前になってくると、これまた当たり前のように

「○○してくれれば良いのに。」( ゚Д゚)y-~~イライラ

って思っちゃうことってありますよね?

察してよ、アレしといてよ、コレしてよ。と、挙げればキリが無い訳で。

 

でもね。

 

自分が独身で恋人もパートナーも居なかったとしたら?

周りは勝手に察してくれないのが当たり前。何でも自分でやるのが当たり前。

そもそも、独り身の時から考えれば、そこがスタート地点(ゼロ)だったハズですよね。

なので、僕は常にゼロから見て奥さんと接するようにしています。

 

 「居てくれるだけで、ありがとう」

 

後書き

以上が我が家の夫婦円満の秘訣ですが、いかがだったでしょう?
(といっても僕の視点なので、奥さんから見ると違うかもw)

こうやって改めて記事にしてみると、結構、仲良いのかも~と思いました。

 

よし、今日は帰って伝えよう!

 

僕:「いつもありがとう!愛してるヨ♪」

奥:「ん?良いとこに。次男君のオムツ替えといてネ♪」

僕:Σ(゚口゚;. 「は、はい。。。」

 

以上、参考になれば幸いです。^^

footstamp

SPONSERD LINK

 - 雑記

最後までお読み頂きありがとうございます!

よければシェアしてみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 471 follow us in feedly
SPONSERD LINK

  関連記事