ブログのちから

副業やマネタイズ方法、アクセス解析やSEO、Wordpress、SNSの活用、ビジネス書の書評、育児、ダイエットなどを中心にお届けしてます。

Googleウェブマスターツールで検索クエリを見る時の補足(フィルタとか)

      2014/10/31

Googleウェブマスターツール

先日、Googleウェブマスターツールをアクセスアップに活用する方法をシェアさせて頂き、ご好評頂きました。

参考:Googleウェブマスターツール活用できてる?アクセスアップのために見るべき4つの項目とその見方、教えます。 | ブログのちから

 

反面、「クリック数が少な過ぎる気がする」「クエリ数が多過ぎて確認しきれない」といった声もちらほら。

そこで今日は、その辺りの補足についてシェアさせて頂きます。

 

SPONSERD LINK

デフォルトではフィルタが設定されている

まず「クリック数が少な過ぎる気がする」についてですが。

Googleウェブマスターツールのクリック数は、Googleアナリティクスの値とは誤差があり、あくまで参照として見るものという捉え方で良いと思います。

が、余りにも誤差が大きいのでは?

という場合には、まずフィルタを疑ってみて下さい。

 

Googleウェブマスターツールにアクセスし、検索クエリを最初に表示した際は、デフォルトで[ウェブ]というフィルターが設定された状態になります。

Googleウェブマスターツール webフィルタ

このフィルタを解除([×]の箇所をクリック)する事で全体の集計結果となります。

Googleウェブマスターツール-フィルタ解除

 

特定ワードで絞り込む

次に「クエリ数が多過ぎて確認しきれない」についてですが、こちらについてもフィルタを活用しましょう。

Googleウェブマスターツール-フィルタ条件

フィルターにキーワードを設定することで、特定のワードを含む(あるいは含まない)クエリだけを集計する事が可能です。

Googleウェブマスターツール-キーワードフィルタ

例えば、下記の画像は[chrome]を含むワードで絞り込んだ結果になります。

Googleウェブマスターツール-キーワードフィルタ-chrome

 

キーワードフィルタの残念な点

この様にキーワードでフィルタを設定する事で、ポイントに絞った確認ができるようになりますが、残念ながら、このフィルタ機能ではANDやORといった複合条件を設定する事ができません。

例えば「chrome」と「クローム」を同時に見たいと言ったことができませんので、ザックリとした絞り込みにしか使えないという事になります。

 

まとめ

以上をまとめます。

  • 「クリック数が少な過ぎる気がする」時には余計なフィルタが設定されてないか確認する。
  • 「クエリ数が多過ぎて確認しきれない」時には、キーワードフィルタを設定して絞り込む。
  • ただしキーワードフィルタは複合条件が使えません。

といったところです。

 

以上、参考になれば幸いです。^^

footstamp

SPONSERD LINK

 - Googleウェブマスターツール

最後までお読み頂きありがとうございます!

よければシェアしてみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 470 follow us in feedly
SPONSERD LINK

  関連記事