ブログのちから

副業やマネタイズ方法、アクセス解析やSEO、Wordpress、SNSの活用、ビジネス書の書評、育児、ダイエットなどを中心にお届けしてます。

幸せになる方法って足元にある幸せに気付くだけなのかもね。

   

幸せ

いつか幸せになりたい。幸せをつかみたい。

良く聞く話ですよね。

 

もちろん僕もそう思っています、というか思ってました。

幸せを掴み取るために色々と学び、スキルを磨き、努力してるものだと思ってたんですけどね。

先日、幸せそのものについて考えさせられる出来事があったので、今日はその辺りについてシェアしたいと思います。

SPONSERD LINK

感謝の一言。

それは、つい先日のことでした。

我が家の一日の終わりは、大抵、僕が子供を寝かし付けたあと、夫婦で一緒に片付けをしたり、翌日の準備をしたりしてるんですが。

この日も例に漏れずで、僕はテーブルを片づけた後、キッチンのカウンターに積んである郵便物の確認を、奥さんは台所で洗い物をした後、花瓶の花を剪定していました。

その時、奥さんがボソッとこう言うんです。

 

頑張ってくれてありがとう。

 

と。

奥さんの真意はこういう事でした。

普段は中々言ってくれない一言に、思わずドキッとさせられました。

僕も照れ笑いしながら「え~、全然OKだよ~♪こちらこそ、いつもありがとう!」と返したんですけどね。

 

奥:(゚Д゚)ハァ? お前ぇじゃねえわ!w

僕:えぇ!? ∑( ̄□ ̄ノ)ノ

奥:長い間、頑張って咲いててくれた花に言ってたのに~www ( ´_ゝ`)プッ

僕:そうなんや~。アハハ・・・ (〃∀〃)ゞ

奥:ん、何だって?こちらこそ? ( ̄m ̄*)ププッ

・・・

一緒に頑張ってる旦那より花に感謝って・・・orz

少し凹みつつも「あぁ、これか」と気付かされました。

 

幸せを感じる力が高い人のようです。

ニヤニヤする奥さんを眺めつつ思い起こせば、彼女は幸せ力っていうんですかね?そういう幸せを感じる力が強い人なんですよ。

これ、いわゆるポジティブ・シンキングとも少し違っていて、そもそもの幸せの基準値が低いみたいなんです。

今に満足している。

例えば「僕が会社を辞めたらどうする?」と聞けば、

  • 好きにすれば。家族全員で暮らせれば、どんな生活してても幸せでしょ?
  • むしろ今が出来過ぎた生活なんだし。
  • 2~3年なら貯金喰い潰しながらでも私が食わしたるわ

などと笑いながら平然と言い放ってくれます。

(まぁ「もちろん、一生ヒモのままじゃ許さんけどなっw」とケツを叩くのも忘れませんがw)

日々に感謝している。

何より「ありがとう」が口癖の人でして、前述のように花瓶の花を剪定すれば、花に向かって「ありがとう」と言っているようです。

夜は寝付いた子供たちの顔を見ては「ウチの宝物。生まれて来てくれてありがとう。」と女神の様な頬笑みで頭をなでています(しかも毎晩w)。

 

もちろん、僕にも。。。言ってくれてるハズ。。。
(毎月給料日には「ありがとう、お疲れ様でした」と言ってくれてるから、まぁ良いかw)

 

掴み取る幸せは長続きしないから。

そんな奥さんを見ていると、ホントの幸せって「なるもの」でも「掴み取るもの」でも無く、今そこにある幸せに気付くものなんだろうな、と改めて考えさせられましたね。

よくよく考えてみると、掴み取る幸せの正体って、達成感とか効用感だったりするので、達成した途端に薄れて行くものですしね。

でも、そこにある幸せに気付く力があれば、そこにある限り幸せを感じる事が出来るんじゃないでしょうか。

 

最後に

という訳で、僕も「そこにある幸せに気付く力」を磨きたいと思います。

と言いつつ、今の幸せに安住せずに「そこにある幸せ」を増やして行きたい欲が出て、結局、色々と学び、スキルを磨き、努力し続けるんでしょうけどねw

 

ちなみに、寝静まった子供たちに女神の様な頬笑みを向ける奥さんですが、寝付くまでは、

早よ寝ろや! (#゚Д゚)ゴルァ!!

って鬼の形相で吼えてますけどねwww
(だって人間だものw)

footstamp

SPONSERD LINK

 - 雑記

最後までお読み頂きありがとうございます!

よければシェアしてみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 471 follow us in feedly
SPONSERD LINK

  関連記事