ブログのちから

副業やマネタイズ方法、アクセス解析やSEO、Wordpress、SNSの活用、ビジネス書の書評、育児、ダイエットなどを中心にお届けしてます。

残念ながら、運動で消費できるカロリーは思った以上に少ない。

      2015/08/03

running2

ここまでの取り組みで、ダイエット開始2週間(実行開始から12日)で、-1.2kgとまずまずの成果が出ています。

ただ、ウチの奥さんからは、「元が元だけに誤差」というツッコミを受けてますが。w

 

そこも踏まえて、もう少し効果を上げる方法を探ってみたいと思います。
(奥さんにも納得してもらいたいのでw)

 

SPONSERD LINK

何か忘れて無い?

まずは、ここまで調査してきた中で、何か見落としは無いかな?

ということで過去記事を見返していたら、

見つけました。

 

食事前に水を2杯飲むだけで痩せる?

食事前に水を2杯のむ。

 

これ、実践していませんでした。w

 

なぜかというと、たかがコップ2杯と言えど、飲み干すのは結構大変だったからです。

が、最近は水を飲むのにも結構慣れてきてますので、実践に取り入れてみようかと思います。

 

有酸素運動の量が少ない

それと、体脂肪を減らすには「脂肪の燃焼」というフェーズを経る必要があります。

基本的には、

蓄積: 余分な糖質 → 中性脂肪
燃焼: 血中の糖質減少 → 中性脂肪が脂肪酸とグリセリに分解
     → 脂肪酸の燃焼

の流れですが、今の取り組みは「蓄積」を抑える部分が中心になっています。

お昼の散歩に15分かけていますが、脂肪がエネルギー源として効果的に使われるのは20分以上経ってからとの事。

 

有酸素運動の量が、まだまだ少ないのかもしれません。

(というより、運動トータルの絶対量が少ない気が。。。デスクワークなもので)

 

実際の運動量がどの位なのか、把握しておきたいところです。

(実際に、UP24を使って計測中です)

 

運動で消費できるカロリーは思った以上に少ない

でも、残念ながら、運動で消費できるカロリーは思った以上に少ないのも事実です。

 

脂肪1kgが7000kcalに相当し、これを早歩きで消費しようと思うと約20時間かかるそうです。

 

参考:「運動編」目指すは1か月で1kg減量| 実践健康ナビ | 大日本住友製薬

 

20時間って。。。ムリかも。

(ちなみにこの数字、サイトによってかなり異なります。)

 

なので、上記の記事では、日常の中で少しづつ運動を取り入れて、全体量として消費カロリーを増やしましょうという提案になっています。

 

興味深い記事をもう一つ

運動しないで脂肪を燃焼しましょうという記事ですね。

 

脂肪燃焼に理系女子的アプローチ!運動しないで燃焼する4つの掟 ?

 

“いかに多くの脂肪を効率的に燃焼させるかが勝負の分かれ道です。特に、運動が苦手だったりなかなか時間がとれないという方は、体の内側からのアプローチをしてみましょう。”

 

という事で「体温上昇+血糖値」がキーワードのようです。

参考になりますね。

 

さて、どうするか

僕の場合、そもそもが、ゆるいダイエットを前提としていますので、

  1. 活動量を測定する。(現状把握)
  2. 有酸素運動を少し増やす。(目安は20分)
  3. 「体温上昇+血糖値」のコントロールも少し取り入れてみる。

といった感じですかね。

 

取り組み全体で、トータルの効率UPを目指す方が楽なので。

 

これは、

食事制限だけ、運動だけで減量を目指すより、

食事制限+運動でそれぞれ、少しづつ取り組んだ方が楽なのと同じですね。

 

さてさて、効果は上がるでしょうか?

※3ヵ月で-7.1kgの減量に成功した、現在のダイエット方法は「ゆるいダイエット方法まとめ」を参照下さい。

【体重記録】

現状の記録~という訳で、今日も体重を計測。

 

身長;170cm
体重;78.5kg [目標:63.5kg]
BMI;27.1

 

また少しづつ体重が減り始めました。

ここで何とか弾みを付けたいところです。

SPONSERD LINK

 - ダイエット

最後までお読み頂きありがとうございます!

よければシェアしてみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 471 follow us in feedly
SPONSERD LINK

  関連記事