ブログのちから

副業やマネタイズ方法、アクセス解析やSEO、Wordpress、SNSの活用、ビジネス書の書評、育児、ダイエットなどを中心にお届けしてます。

ここが変だよ日本人w~セブから帰国して感じたこと~

      2015/12/07

ここが変だよ日本人

今日、海外出張先のセブから無事に帰国しました。

関西国際空港に2時半くらいに到着し、特急で新大阪へ。

そこから新幹線で岡山に帰った訳ですが、その道程の中で思った事をシェアしたいと思います。

 

SPONSERD LINK

日本人は行儀が良いんだけど・・・

日本に戻って思うのは、やっぱり日本人ってマナーが良いですが。。。

スーツ姿のサラリーマンばっか

平日の日本ではごく当たり前の風景ですが、新大阪はスーツ姿のサラリーマンで溢れ返ってました。

みんな同じ服装、同じ方向に整然と歩いて行きます。
(普段は、新大阪って雑然としたイメージがしてますが)

「さすが技術大国、日本!ロボットがいっぱいw」

 

あ、もちろん僕もその中の一人に逆戻りするんですがねw

 

並ぶ、並ぶ、並ぶw

次に思ったのがこれ。

日本人って割り込んだりせず、ちゃんと順番待ちしますよね。

なので、お店、駅のトイレ、エスカレーターの昇降口、電車の乗降り、あらゆるところで行列が出来てます。

 

非常に素晴らしい事です。

 

そう思う反面。。。

「働きアリ?」

そう思ってしまったのはナイショですw

 

暇つぶしの人生ですか?

新幹線に乗り込むと、車中にも多数のサラリーマンで溢れ返ってましたが、別の違和感が。。。

※全ての人が当てはまる訳ではありませんのでアシカラズw

車内で居眠り

これ凄く多いですよね。

多分、治安の良い日本ならではの光景で外国じゃ考えられない。

治安が良いのは素晴らしい!って思う反面、日本の経済を動かしているビジネスマン達が移動中とはいえ、まだ明るい時間から居眠りとは。。。

 

このままじゃ諸外国に負けちゃいますよー!

 

スマホ、ゲーム、漫画、スポーツ新聞

もちろん起きて何かをしているサラリーマンも、それなりに居ます。

何をしているかと言えば、

  • スマホ・・・大抵はソーシャルゲームw
  • 漫画
  • スポーツ新聞
  • 雑誌(ゴルフとか芸能とか)

といった感じ。

せめてビジネス書読むとか・・・。

 

多分みんな疲れてるんだよね

でもね。

僕も、ついこの間までその中の一人。数日もすればその中の一人に戻るでしょうから、この気持ちは何となく解ります。

いつも同じ繰り返し

いつもと同じタイトで余裕のない日常の繰り返し。

残業、残業で刺激を求めて街に繰り出す時間も無い。お金も無い。

何を活力にすれば良いのさっ!

って感じになるのも解ります。

その上、新幹線に乗ってるってことは出張か何かでしょう。皆さん、お疲れなんですよね。

 

それに今の日本には、唯一救いとなるかもしれない夢や希望が溢れているようには感じられませんしね。

 

セブで聞いたサクセスストーリー

夢といえばセブでこんなサクセスストーリーを聞きました。

 

セブ屈指のショッピングモール、SMモールのオーナーの話。

現在90歳くらいになる方で今では超お金持ちなんだけど、彼のスタートはなんと路上での靴磨きで日銭を稼ぐところからだったそうです。

完全な裸一貫からビジネスを始めたという事ですね。

彼は次第に靴を磨きにくるお客さんに向けて靴の販売も始めます。

そこで得た利益をコツコツと貯めていき、SMという靴の販売店を開く。
(なのでSMマートのSMはシュー・マートの頭文字なんだとか)

次第に店舗数を増やしていき、、、今では巨大なショッピングモールを持つまでになった大企業を一代で築き上げたという話です。

 

ジャパンドリームよ、何処へ

思えば日本も昔は、こういった類の話は多かった気がします。

例えばパナソニックの松下幸之助さんとかね。

 

でも、最近はそういったサクセス・ストーリーを聞くこともないですからね。

いや。

本当はソフトバンクの孫正義さんとか、楽天の三木谷浩史さんとか、他にも色々な成功事例ってあると思うんですよ。

そういった成功事例はあるんですが、ドリーム・ストーリーとして語られる事が無いってのが実際のところかも知れません。

 

なので、ぶっちゃけ夢が無い。
(だから、やり方はアレですけどライブドア時代のホリエモンに憧れた若者が多かったのも頷けます)

一代で成功する物語を夢見るより、目の前の雑多な業務に追われ、明日のリストラに怯える人の方が多いのかもしれませんね。

 

最後に

ちょっと取り止めのない話になってしまいましたが、要は日本人から活力が感じられないなぁと。

まぁそんなことを感じてしまいました。

 

僕もその中の一人にまた逆戻りするのかと思うと少々切ない気もします。。。

 

皆さんはどう思いますか?

footstamp

SPONSERD LINK

 - ビジネス&マネタイズ

最後までお読み頂きありがとうございます!

よければシェアしてみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 471 follow us in feedly
SPONSERD LINK

  関連記事