ブログのちから

副業やマネタイズ方法、アクセス解析やSEO、Wordpress、SNSの活用、ビジネス書の書評、育児、ダイエットなどを中心にお届けしてます。

Twitterの公式アプリが重いので本気で対処してみた。

      2016/05/24

twitter公式アプリ

インターネットってイライラネットだよなぁー!
(このCM知ってる人は同世代以上ってことですねw)

 

ここ最近、思わずこうつぶやきたくても、つぶやけないほどにTwitterの公式アプリが重くなってました。

 

そこで色々と対処法を探ってみましたので、その経過も併せてシェアしたいと思います。

SPONSERD LINK

暫定対応: Twitterの非公式アプリとか色々

まず最初に思ったのが「とりあえずで良いから、どうにかしたいよねー」って事。

そこで、パッと思い付く方法で暫定対応してみました。

  • グループDMは使ってない。
  • Twitterはたまにしか使わない。

という場合はこれらの暫定対応でも十分かもしれません。

ブラウザ版Twitter

ブラウザ版Twitter

真っ先にやってみたのがコレ。
(特に準備も必要ないですからねw)

 

実際にブラウザ版のTwitterを起動(というかブラウザでTwitterにアクセス)してみると、これがメチャメチャ軽い!

「あ、もうこれで良いかも~w」なんて思ってたんですが、一つ問題が。

 

モバイル表示だとDM機能が使えません・・・。

これはまぁ、PCビューに切り替えればOKなんですけどね。

ブラウザ版Twitter_PCビュー

ただ、PCビューだと画面が小っさ過ぎてメニューやメッセージ部分をタップする時には、逆にイライラすることもw

ってことで対策の候補としてキープしつつも他の方法を試して行くことにしました。

ブラウザ版Twitter(PCビュー)の良いところもある

ちなみにブラウザ版Twitter(PCビュー)ならではの良い部分もあります。

当たり前ですが、ブラウザ版Twitter(PCビュー)だとTwitterの全ての機能が使えますので、

  • Twitterアナリティクス
  • 埋め込みツイートの取得

といったTwitterの公式アプリでも使えない機能が利用できるって事です。

これはモブログの際にも使える技なので覚えといて損はないですよw

【参考記事】

下準備不要!モバイル環境で誰でも手軽に埋め込みツイートが取得出来る方法!

ブログをやってるとツイートを記事中に埋め込みたい事ってありますよね? ? パソコンで記事を書いてる時…

www.empowerments.jp

 

ブラウザ版でも重い場合、原因は Twitter の障害です。

ちなみに ブラウザ版でも Twitter が重いという場合、理由はアプリの問題ではなく Twitter の障害が原因です。

その時はジタバタしても始まらないので、時間を置いてから Twitterにアクセスしてみましょう。

 

Twitterの非公式クライアント(別アプリ)

次に試したのがコレ。

公式アプリがダメなら非公式アプリでどうよ!って事で、Twitterの非公式クライアントからいくつか試してみました。

 

例えば、この辺り。

 

結果、それぞれ特徴的で「これは使い勝手が良いな~」って機能もあったんですが、これまた問題が少々ありまして。

  • 無料のモノはやはり広告が邪魔かな~。
  • 通知機能が無かったり、有ったとしても一部が機能して無かったり。
  • グループDMが使えなかったり。
  • 公式アプリ入れてたら、公式アプリの通知は別で消さないと行けなかったり(まぁ通知止めりゃ良んですけどねw)。

といった感じで何かと決め手に欠けるものばかりでした。。。

 

Twitterの公式アプリを本気でどうにかしてみる

そんなこんなで「こりゃあTwitterの公式アプリを本気でどうにかするしか無ぇな!」と覚悟を決め、1つづつ遅い原因を潰して行くことに。

まずはスマホの再起動から

これが原因じゃないのは解り切ってましたが、念のため。

「他のアプリを起動していてスマホ自体が重くなっている」という可能性を排除するために、再起動から始めました。

ここは案の定ですが、速度はほぼ変わらず。。。

複数アカウント

Twitterのアプリで複数アカウントを登録していると重くなるという情報もチラホラ。

僕の場合は1アカウントしか登録してませんので、これは該当しませんが、複数アカウントの登録が原因かもしれないという場合は、1度チェックしてみると良いかもしれません。

キャッシュとデータを削除

次に行ったのがキャッシュとデータの削除です。
(まぁアプリが遅い時の定石ですよねw)

手順は、

  1. Androidの場合、「設定」内にある「アプリケーション管理」からTwitterの公式アプリを探しだす。アプリケーション管理
  2. 一覧からTwitterの公式アプリをクリックして、キャッシュとデータを消去する。アプリケーション情報

これだけです。

ここは多少の期待をしてましたが、実際に体感できるレベルで速度改善が見られました

Twitterアプリを再インストール

キャッシュ・データの削除で速度改善でも十分だったんですが、好奇心ついでにアプリの再インストもやってみることに。

Twitter公式アプリ

これはキャッシュとデータの削除後なので期待してなかったんですが、、、

 

なんと!ブラウザ版Twitterと張れるレベルの速度に!

 

※原因は良く解りません。。。 削除前のアプリのバージョンが古かったとか?w

 

最後に

という訳で、ついにTwitter公式アプリでの快適なTwitter環境を取り戻す事ができました。

 

ポイントは、

  • TwitterのグループDMとか使わないなら非公式アプリでもOKかも。
  • 無駄に溜まったキャッシュとデータを削除すれば公式アプリでも速度改善するよ。
  • 後は(多分)アプリのバージョンは最新にしておきましょう。

といったところですかね。

 

もし、最近Twitterのスマホアプリが遅いねん!って場合は一度お試しください。

以上、参考になれば幸いです。

footstamp

SPONSERD LINK

 - Webサービス

最後までお読み頂きありがとうございます!

よければシェアしてみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 471 follow us in feedly
SPONSERD LINK

  関連記事