ブログのちから

副業やマネタイズ方法、アクセス解析やSEO、Wordpress、SNSの活用、ビジネス書の書評、育児、ダイエットなどを中心にお届けしてます。

男の胃袋をつかめというけれど、男性が女心を胃袋でつかむことも有りますよ。

   

料理

男性の皆さん、料理してますか?
女性の皆さん、あなたのパートナーは料理しますか?

 

昨日は週末という事もあって久々にゆっくりと時間が取れたので、奥さんと一緒に夕食を作りました。

メニューは、

  • あんかけチャーハン
  • チンジャオロース
  • からあげ
  • 麻婆豆腐

と、中華三昧。

大抵は○○の素とか使わずに作るんですが、昨日はメニューも多かったので麻婆豆腐だけは「素」を使いましたw

 

そこで今日は、男性が料理できると良いよね~って話をシェアしたいと思います。

 

SPONSERD LINK

夫婦の思い出、あんかけチャーハン

料理をしながら奥さんと「あんかけチャーハンって懐かしいよね~♪」なんて話に花が咲きました。

というのも、僕達夫婦が付き合い出して間無しのこと。

僕は休み、奥さん(当時はまだ彼女)は仕事だったので、僕が夕食を作ってご馳走することに
(キャラ的に料理するのを信じて貰えないのもあってw)。

その時のメニューが、

  • 五目あんかけチャーハン
  • 豚の角煮
  • アップルパイ(パイシートとアップルジャムですけどw)

でした。

当時、彼女はメッチャ感激してくれたのは言うまでも有りません。
(正に胃袋をつかんだ瞬間ですw)

 

それ以来、あんかけチャーハンは夫婦の思い出メニューになってますし、チャーハン作りは僕の役目になってますので、子供にとってもチャーハンはオフクロの味ならぬオヤジの味になってますw

男性も料理ができると、そんなステキな思い出も作れる訳です。

 

料理男子はモテる?レベルに寄るわなw

他にも男性が料理をするメリットはあります。

一時期、 料理男子がモテるってのが話題になりましたよね?

その後急速に料理男子はモテないって話が浮上したりして、実際のとこどうなのよ?っておもいますがw

 

なぜ「料理男子はモテない」論が出るのかっていうと、

  • 変なこだわりがウザい(過剰な凝り方、うんちく)。
  • 浮世離れしたメニューが多い(で、その余った食材どうすんの?)。
  • 料理は出来ても片付けができない(しかも台所の散らかり方が半端ないw)。

ってとこですかね。

ぶっちゃけ、上に当てはまる男性は、まだまだ日常的に料理するレベルに到達してないだけだと思ってますw

 

日常生活で当たり前のように料理をするようになると、

  • 変にこだわってられない(日常過ぎて、いちいち料理のためにエネルギーを注げないw)。
  • 浮世離れしたメニューのために買い物には行けない(ある食材で作るのが本当の料理w)。
  • 片付けながら料理しないと後が面倒(帰るまでが遠足です!w)。

って感じに変わりますからね(完全に主婦感覚に近いレベル)。

そこまで行くと当然、モテ・・・いや、やっぱモテないか?w
(その辺は女性の皆さんのご意見をお伺いしたいwww)

 

料理男子の一番のメリットは・・・

日常生活で当たり前のように料理をするレベルになるというのが前提条件ですが、男性が料理をする一番のメリットは奥さんや彼女が余計な負担を抱えずに済むという点でしょうか。

家事が分担できる!

今のご時世、夫婦共働きって場合も多いと思います。

奥さんだって当然忙しい。

そんな時に「飯~まだ~?」なんて言ったら

殺意を覚える事間違いなし!

です。

共働きなら家事も分担するのが一番ですよね。

放置してても問題無し!

あと、旦那さんが料理できない夫婦の場合、奥さんに出かける用事があっても旦那のために食事を準備してから~って女性も多いと聞きます。

出かける時に、いちいち料理を作ってから~って。

それ、

子供が一人増えた様なモン!

ですw

体調が悪い時にヘルプ

一番ツライのはこれですね。

旦那さんが料理の一つも作れないと、奥さんはどんなに体調が悪くても、休めません。

「俺、外で適当に済ませるから寝てて良いよ~」

って、それは優しさじゃありませんw

奥さんは多分、

おいおい、アタシはどうすんのさ~

って思ってるんじゃないでしょうかね。

 

僕が料理を覚えたこんな方法

なるほど!そうか、じゃ料理教室にでも通うか!

って思ったあなた。

ちょっと待って下さい。

料理なんて習わなくても出来るようになりますよw

まずは基本を押さえる

和食、中華、イタリアン、フレンチなどなど、それぞれのメニューにはベースになる味付けがあります

例えば、和食なら、出汁、醤油、酒、砂糖、みりんを使うレシピが多いですが、めんつゆを使えば大抵どうにかなります(めんつゆは、それらをベースに作られてるので)。

同様に、

  • 中華:ごま油、鶏がらスープ、醤油、オイスターソース
  • イタリアン:オリーブオイル、トマト、コンソメ、バジル

といった感じで調味料を選んであげれば、和風、中華風、イタリアン(風)の雰囲気が出せます(この風が大事)。

あとは基本となる調味料の配合を考えるだけですが、このベースになる味付けがマスターできれば、何とか普通に食べられる料理は作れますw

ソースを覚える

そこから次のレベルにいくには、ソースを覚えて行けばOKです。

といっても、

  • ホワイトソース
  • トマトソース

など、活躍する頻度の高いものを2~3種類だけ覚えておけば大丈夫だと思います。
(後はアレンジすれば何とかなるのでw)

レシピはスーパーに買い物に行けば解る。

後は、ベースになる味付けやソースから、調味料を足したり引いたりしながらアレンジすればOKですが、新しい料理にチャレンジする時って、何か参考にするものが欲しかったりしますよね?

僕の場合は、スーバーに買い物に行った時に「○○の素」の裏面にある原材料名をチェックしてますw

原材料名は、基本的に量の多い順に並んでますので、その中から調味料を見て行けば、ある程度の味を再現できますので。

 

まとめ

以上をまとめます。

  • 男性が女心を胃袋でつかむことも有るよ!
  • 料理男子になってモテたいなら日常生活で当たり前のように料理をするレベルになる事!(多分w)
  • 奥さんや彼女のお荷物にならない様に料理くらいは覚えてはいかが?

といったところです。

色々書きましたが、一番のメリットはコミュニケーションの切っ掛けになるところかも知れませんね。

 

以上、参考になれば幸いです。

footstamp

SPONSERD LINK

 - 雑記

最後までお読み頂きありがとうございます!

よければシェアしてみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 471 follow us in feedly
SPONSERD LINK

  関連記事