ブログのちから

副業やマネタイズ方法、アクセス解析やSEO、Wordpress、SNSの活用、ビジネス書の書評、育児、ダイエットなどを中心にお届けしてます。

「収益化を始めると客は逃げていく ウェブビジネスの鉄則」にモノ申す。

   

お金が降ってくる

ウェブビジネスの収益化というのは、僕たちブロガーにとっても気になるテーマですよね。

僕自身、収益化の是非やタイミングについては、これまで余り深く考えた事が無かったのですが。
(というかスタートから収益化が前提の立上げばかりやってましたのでw)

 

昨日、わかったブログのかん吉(kankichi)さんの記事、収益化を始めると客は逃げていく ウェブビジネスの鉄則

続いて、Naifixのエローラ(uszero800)さんの記事、初心者がブログに広告を掲載しはじめるのはいつがベスト?

の2つの記事を読んで改めてウェブビジネスの収益化について考えてみることにしました。

 

ちなみに、僕の結論は、「初心者・熟練に関わらず、いずれ収益化を考えているなら運営直後から広告掲載するべき」でした。

 

SPONSERD LINK

まずは2つの記事のまとめという事で

ますはかん吉さんの記事から。

結論:ウェブでビジネスを興すなら、収益化はユーザー数が集まってから。
理由:

  1. 収益化は、サイト・サービスの成長を止めてしまうから。
  2. 成長の天井が見えてから収益化しても充分に回収し利益を出せるから。

前提:

  1. 収益化は口コミの減少につながる(原因は売り込み)。LINE、サイバーエージェントといった大手サービスも、収益化よりもユーザー増加を優先している。
  2. 広告は邪魔な存在だ。
  3. 広告を嫌う人は多い。

補足:

  1. ブログに広告を入れるなら、過去記事が良い
  2. インフルエンサーはネット広告にも精通している場合が多く、広告の存在が口コミの障害になる。
  3. わかったブログは1年半、Googleアドセンスも設置していなかった。商品紹介用に一部アマゾンや楽天を設置したのみ。

 

次にエローラさんの記事。

結論:広告掲載を開始するベストなタイミングは、「初心者であれば運営直後」。
理由:

  1. 広告がないからといってPV数が上がるわけではない。
  2. アクセス以外のモチベーションにつながる。
  3. 始めから広告があれば、リピーターは、その前提で訪問している

前提:

  1. 収益化を始めると客は逃げていくのは確か。
  2. ただし目標収益額が低いならあまり関係ない。
  3. 広告を嫌う、他人が儲けるのが我慢ならない層は一定数存在する。

補足:

  1. 初心者は広告の効果的な配置などを早いうちに経験していた方が良い。
  2. 運営途中から、いきなり広告が掲載されると違和感が大きい。

 

 

モノ申したい部分

っと、モノ申す前に。

僕自身、長年「わかったブログ」を読まさせて頂いていますが、かん吉さんという方は、ご自身で解っててあえて議論が起こるような、あるいは突っ込みどころを入れた様なポストをされている節があります。

まぁ、そんな所も面白くて読み続けてます。

という訳で、決してアンチという訳ではありません(というか寧ろお気に入りのブログの一つですwww)。

なので「今回はあえて釣られてみました」という形になりますねw

(もうかん吉さんズルいなぁw)

 

という訳でモノ申したい部分を。

 

1. 「ウェブビジネス」「収益化」という曖昧な言葉で語られても・・・。

そもそもウェブビジネスと一口に言っても、それぞれのビジネスモデル収益モデルも異なるものです。ですので「ウェブビジネス」「収益化」という二重の曖昧な言葉で議論しても結論は出ません。

(LINEやサイバーエージェントのアメーバと個人ブログを同列にされても微妙じゃないですか?)

それぞれに合ったモデルがある訳で、同じビジネスモデル、同じ収益モデルの中で議論すべきではないでしょうか。

2. 成長の天井が見えてから収益化って逆効果では?

成長の天井が見え始めてから収益化すべきという点ですが、そこまでに集まった層の中には広告を嫌う層が少なからず含まれているハズです。そこから収益化を図った場合、むしろ一気に下降線とはなりませんか?

3.インフルエンサーは広告があると口コミ行動を起こさないのは事実ですか?

そもそもインフルエンサーが、どの層を指しているのか解らないのでアレですがw

インフルエンサー自身、ネットを通じてマネタイズ(あるいはその誘導)をされている方が多いですよね。

このご時世です。

広告を過度に避けるインフルエンサーというのは、それほど多くないという印象ですがいかがでしょう?

4.商品紹介用に一部アマゾンや楽天を設置した=収益化とは違うのか?

商品紹介用に一部アマゾンや楽天を設置したとありますが、これも立派な収益化では?
この点は矛盾していませんか?
(僕、完全に釣られてますかね?w)

 

っとタイトル回収したところで、僕の考察に移ります。

 

ちなみにブログ×広告モデルに限定した場合

ちなみにブログ×広告モデルに限定した場合という前提であれば、僕の結論は冒頭にお示ししたように、

「運営直後から広告掲載するべき」というエローラさんの意見に賛成ですね。

一応、上記にならって記載しておきます。

 

結論:初心者・熟練に関わらず、いずれ収益化を考えているなら運営直後から広告掲載するべき。
理由:

  1. 広告を嫌う層が居るのは確か。であれば始めから広告が気にならない層にアプローチすれば良い。
  2. 広告を過度に避けるインフルエンサーというのは、それほど多くない。
  3. 収益化は、アクセス数の向上とは別の経験値を積む必要がある。練習は早ければ早いほど良い。

前提:

  1. ターゲットセグメントをどこにするかだけの話。そもそも市場の全員を相手にするのは無理なんだから。
  2. インフルエンサー自身、マネタイズしている方が多いのは見てれば解るよね?
  3. アクセス取れるようになったら、一気にマネタイズって。。。そんな甘かぁねえわw

補足:

  1. 広告モデルで最も気を使うのがUX。UXを阻害する広告はNG。
  2. 逆にデザインの一部に溶け込んでいる、あるいはコンテンツの一部とみなせる広告はOK。(朝のワイドショーの画面左上に出ているお天気情報みたいなねw)
  3. 過度の売り込みや騙し討ちは、もっとNG。多くのアフィリエイター(そして稼げていないw)がこれをやったから、Web広告は益々嫌われる存在になってしまったのさ。

※UX(ユーザーエクスペリエンス)とは、「ユーザが真にやりたいことを楽しく、心地よく実現できるかどうか」の事。

まとめ

以上をまとめますと、

  • 今回はかん吉さんに釣られてみた(収益化の是非やタイミングについては、余り深く考えた事が無かったので良い機会でした)
  • ビジネスモデルと収益モデルの双方を明確にした上でないと結論は出ない。
  • 僕個人の意見は、「ブログ×広告モデルに限定した場合、運営直後から広告掲載するべき」。

といったところです。が、この手の議論には正解も結論も無いと思いますw

以上、皆さんはどうお考えでしょうか?

footstamp

SPONSERD LINK

 - ビジネス&マネタイズ

最後までお読み頂きありがとうございます!

よければシェアしてみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 470 follow us in feedly
SPONSERD LINK

  関連記事